第一次世界大戦期の中国民族運動 - 笠原十九司

第一次世界大戦期の中国民族運動 笠原十九司

Add: ahovoz39 - Date: 2020-11-22 05:15:13 - Views: 366 - Clicks: 7057

『ファミリー版 世界と日本の歴史(9)現代1』(大月書店、1988年) 2. 第一次世界大戦期の中国民族運動 作者 : 笠原十九司 出版社: 汲古書店 副标题: 東アジア国際関係に位置づけて 出版年:页数: 832 定价: 18,000円 装帧: 精装 丛书: 日本汲古書院出版之汲古叢書系列. 笠原十九司 著: 高文研:. 本書では、第一次世界大戦期の日本の中国侵略政策の拡大に抵抗した中国民族運動の展開を、中華民国史の展開ならびに日中関係を中心とする東アジア国際関係の変動に位置づけて、時系列的に論じた、同期の反日民族運動のピークを形成した、日本の対華二十一ヵ条要求反対運動、日中軍事.

7 図書 第一次世界大戦期の中国民族運動 :. Bib: BBISBN:. 立葵 - 笠原十九司句集 - 笠原十九司 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお. 所属 (現在):都留文科大学,文学部,名誉教授, 研究分野:地域研究,教育学,日本史, キーワード:歴史学,政治学,地域研究,社会系心理学,土地改革,農業集団化,満鉄調査部,個人史,文化大革命,共同体, 研究課題数:6, 研究成果数:51.

『南京事件』(岩波新書、1997年) 6. rar fast and secure. Bib: BAISBN:. 第一次世界大戦期の中国民族運動 - 東アジア国際関係に位置づけて - 笠原十九司 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 第一次世界大戦期の中国民族運動/Daiichijisekaitaisenki no Chūgoku Minzoku Undou 笠原十九司/Kasahara Tokushi. 第一次世界大戦期の中国民族運動 : 東アジア国際関係に位置づけて Format: Book Responsibility: 笠原十九司著 Language: Japanese Published: 東京 : 汲古書院,.

台湾史料綱文(復刻版) 全3冊 台湾史料研究会校訂: 1986年 中京大学社会科学研究所. 2 形態: iii, 820p ; 22cm 著者名: 笠原, 十九司(1944-) シリーズ名: 汲古叢書 ; 115 書誌ID. 『南京事件論争史—日本人は史実をどう認識してきたか』(平凡社新書、年) 10. 『日中全面戦争と海軍――パナイ号事件の真相』(青木書店、1997年) 5. 第一次世界大戦期の中国民族運動 : 東アジア国際関係に位置づけて フォーマット: 図書 責任表示: 笠原十九司著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 汲古書院,. Download 笠原十九司_第一次世界大戦期の中国民族運動.

単行本 第一次世界大戦期の中国民族運動 - 笠原十九司 ¥660 ¥660. 第一次世界大戦期の中国民族運動 東アジア国際関係に位置づけて (汲古叢書)/笠原 十九司(歴史・地理・民俗) - 第一次世界大戦期の日本の中国侵略政策の拡大に抵抗した中国民族運動の展開を、中華民国史の展開ならびに日中関係を中心とする東アジア国際関係の変動. 7: 近現代東アジアと日本: 土田哲夫 編: 中央大学出版部:. 』において指摘された。笠原は、朝日新聞カメラマンが撮った写真を中国国民政府軍事委員会政治部が悪用したものであったことに気づかず自らが誤用したとして、撮影者の故熊崎玉樹カメラマン・朝日新聞・読者に謝罪し、秦に謝意を表した。これを受け、岩波書店も同じページに「読者の皆さまへ」と題した謝罪文を掲載して出品を一時停止し、笠原と相談の上で『村瀬守保写真集 私の従軍中国戦線』(日本機関紙出版センター、1987年)の日本兵に強姦されたという老婆の写真に差し替え、初版本の取り換えにも応じた。. 中国語版『南京事件争论史 日本人是怎样认知史实的』(社会科学文献出版社、年) 1. フランス帝国主義と中国 : 第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業 Format: Book Responsibility: 篠永宣孝著 Language: Japanese Published: 横浜 : 春風社,.

『歴史の事実をどう認定しどう教えるか:検証731部隊・南京虐殺事件・「従軍慰安婦」』(教育史料出版会, 1997年) 3. 中国語版『难民区百日 亲历日军大屠杀的西方人』(南京师范大学出版社、年) 4. 第一次世界大戦期の中国民族運動-東アジア国際関係に位置づけて: 報告者: 笠原 十九司 氏(都留文科大学名誉教授) テーマ 「独禍東漸」と「日禍西漸」-第一次世界大戦から日独防共協定へ- 報告者: 田嶋 信雄 氏(成城大学法学部教授) コメント. 中国民族運動の基本構造であった日貨排斥・国貨提唱運動が第一次世界大戦期を通じて展開したことにより、「民族産業の黄金時代」を現出するまで商工業を発達させ、国民経済形成の歴史的基礎を築いていった民族運動、国民運動の力量には強靭なものが. 5 形態: 162p ; 19cm 著者名: 林田, 敏子(1971-) シリーズ名: 笠原 十九司『汲古叢書115 第一次世界大戦期の中国民族運動』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 笠原 十九司. 『未来をひらく歴史―東アジア3国の近現代史』』(日中韓3国共通歴史教材委員会,高文研,年)日本側執筆者は、板垣竜太、大日方純夫、笠原十九司、金富子、糀谷陽子、斎藤一晴、柴田健、宋連玉、田中行義、俵義文、坪川宏子、松本武祝、丸浜江里子 6. | 笠原十九司の商品、最新情報が満載!.

汲古叢書115 第一次世界大戦期の中国民族運動. (鈴木亮)『写真記録日中戦争(全6巻)』 (ほるぷ出版, 1995年) 2. 年の東京大学 学術博士論文は「第一次世界大戦期の中国民族運動と東アジア国際関係」 。 日中戦争初期に起きたとされる南京事件研究者の1人。. 論文提出者氏名 笠原十九司. 紙の本の購入はhonto. 『アジアの中の日本軍――戦争責任と歴史学・歴史教育』(大月書店、1994年) 3.

2 Description: 443, 67p : 挿図 ; 22cm Authors: 篠永, 宣孝(1949-) Catalog. 『第一次世界大戦期の中国民族運動』(汲古書院、年) 『海軍の日中戦争: アジア太平洋戦争への自滅のシナリオ』(平凡社、年) 『日中戦争全史(上・下)』(高文研、年). 第17111号: h20. 群馬県生まれ。群馬県立前橋高等学校、東京教育大学文学部卒業。同大学院修士課程中退。宇都宮大学教育学部教授、都留文科大学教授を経て、1999年より南京師範大学南京大虐殺研究センター客員教授、年より南開大学歴史学部の客員教授を務める。 年の東京大学学術博士論文は「第一次世界大戦期の中国民族運動と東アジア国際関係」。 日中戦争初期に起きたとされる南京事件研究者の1人。南京大虐殺紀念館の虐殺犠牲者を三十万人以上とする見解は根拠がなく過大に見積もられているとするものの、城外、郊外、長江岸の中国人軍人の死者も含めた数を十万人以上と推計している(ただし、城内における虐殺は否定している)。本来は中国近代経済史が専門だったが、1980年代半ばから南京事件の研究を開始し、歴史認識論争に巻き込まれたことで、戦史研究が主となった。現在は韓国の東北アジア歴史財団やピースボートが主催する国際教科書会議の日本側代表として参加している。.

1998年 、笠原は、前年11月発行の著書『南京事件』III章の扉の写真として、米国のスタンフォード大学フーバー研究所東アジア文庫で閲覧した『日寇暴行実録』(中国国民政府軍事委員会政治部、1938年)に掲載されていた写真を、「日本兵に拉致される江南地方の中国人女性たち」のキャプションで掲載した(原典のキャプションは「江南地方の農村婦女が、一群また一群と日本軍司令部まで押送されて行き、陵辱され、輪姦され、銃殺された」というものであった)。しかし、この写真は実際には『アサヒグラフ』昭和12年11月10日号に掲載された「我が兵士(日本軍)に援けられて野良仕事より部落へかへる日の丸部落の女子供の群れ」という写真であることが秦郁彦により『産経新聞』ならびに『諸君! 3: 海軍の日中戦争: 笠原十九司 著: 平凡社:. 書評 笠原十九司『第一次世界大戦期の中国民族運動 : 東アジア国際関係に位置づけて』 小池 求 歴史学研究 = Journal of historical studies (966), 50-54, -01. 笠原十九司 著 第一次世界大戦期の中国民族運動 <汲古叢書 115> ホーム. 『南京事件と三光作戦―未来に生かす戦争の記憶』(大月書店、1999年) 7. 笠原, 十九司(1944-) 書誌id: bb24179350. 第一次世界大戦期の中国民族運動.

Webcat Plus: 第一次世界大戦期の中国民族運動, 本書では、第一次世界大戦期の日本の中国侵略政策の拡大に抵抗した中国民族運動の展開を、中華民国史の展開ならびに日中関係を中心とする東アジア国際関係の変動に位置づけて、時系列的に論じた、同期の反日民族運動のピークを形成した、日本. 笠原十九司 | HMV&BOOKS online | 1944年群馬県生まれ。東京教育大学大学院修士課程中退。学術博士(東京大学)。都. 歴史の道標から -日本的〈近代〉の アポリアを克服する思想の回路-. 「第一次世界大戦と東アジア」 テーマ: 第一次世界大戦期の中国民族運動-東アジア国際関係に位置づけて 講 師: 都留文科大学名誉教授 笠原 十九司 氏 テーマ: 「独禍東漸」と「日禍西漸」-第一次世界大戦から日独防共協定へ-. 第一次世界大戦期の中国民族運動 東アジア国際関係に位置づけて 汲古叢書115 <115> ¥ 8,140 笠原十九司 著 、汲古書院 、 、820p 、22cm 、1冊. 『南京大虐殺否定論13のウソ』(南京事件調査研究会,柏書房,1999年)著者は井上久士、小野賢二、笠原十九司、藤原彰、本多勝一、吉田裕、渡辺春巳 5. 4)たとえば,周秀鸞『第一次世界大戦時肺中国民族工業的 発展』(上海人民出版社,1958年)は,民族資本主義発柊 の要因について,辛亥革命の影響,民族運動の展開等も指 摘するが,何といっても第一次大戦の影響を重視している. 7: 日中戦争全史: 笠原十九司 著: 高文研:.

日本中国友好協会 、 笠原 十九司. 27: 国際社会科学: 笠 原 十九司: 第一次世界大戦期の中国民族運動と東アジア国際関係: 教 授 教 授 准教授 教 授 教 授: 木 畑 洋 一 酒 井 哲 哉 川 島 真 村 田 雄二郎 後 藤 晴 美: 国際社会科学 国際社会科学 国際社会科学. 第一次世界大戦期の 中国民族運動 笠原十九司: 年 汲古書院. 第一次世界大戦期の中国民族運動 : 東アジア国際関係に位置づけて 笠原十九司著 (汲古叢書, 115) 汲古書院,. Dai1ji Sekai Taisenki no Chugoku. 『南京難民区の百日――虐殺を見た外国人』(岩波書店、1995年/岩波現代文庫、年) 3. 『体験者27人が語る南京事件――虐殺の「その時」とその後の人生』(高文研、年) 10.

『同時代 笠原十九司歌集』(本阿弥書店、年) 9. 笠原十九司 著書 単著『ファミリー版 世界と日本の歴史(9)現代1』(大月書店、1988年)『アジアの中の日本軍――戦争責任と歴史学・歴史教育』(大月書店、1994年)『南京難民区の百日――虐殺を見た外国人』(岩波. 『南京事件と日本人――戦争の記憶をめぐるナショナリズムとグローバリズム』(柏書房、年) 8. Amazonで笠原 十九司の汲古叢書115 第一次世界大戦期の中国民族運動。アマゾンならポイント還元本が多数。笠原 十九司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 6: 第一次世界大戦期の. 笠原十九司 第一次世界大戦期の中国民族運動.

11: 研究と教育の記録 笠原十九司著 笠原十九司:. 2 Description: iii, 820p ; 22cm Authors: 笠原, 十九司(1944-) Series: 汲古叢書 ; 115 Catalog. (吉田裕)『現代歴史学と南京事件』(柏書房, 年) 7. 『戦争を知らない国民のための日中歴史認識 『日中歴史共同研究』を読む』(勉誠出版, 年). 戦う女、戦えない女 : 第一次世界大戦期のジェンダーとセクシュアリティ フォーマット: 図書 責任表示: 林田敏子著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 人文書院,.

See full list on wpedia.

第一次世界大戦期の中国民族運動 - 笠原十九司

email: polesog@gmail.com - phone:(901) 967-1388 x 9146

アーバン・デコーディング - 小池博 - 諸葛正弥 イラスト図解でわかるプロ教師力アップ術

-> 運命を好転させるたった1つのこと - 木村藤子
-> ペルー - 日本貿易振興会

第一次世界大戦期の中国民族運動 - 笠原十九司 - 完全攻略ガイド コーエー 牧場物語ワンダフルライフforガール


Sitemap 1

加工食品の添加物から体を守る方法 - 増尾清 - 経済企画庁物価局 物価を見る目